僕が考えるアフィリエイトのやり方。アフィリエイターとしてキモくならないために

きもいアフィリエイターにならないために 日記

アフィリエイターってあまり世間の受けは良くありません。

まぁそうだろうな〜と思うことが多々あります。
だって、「なんでその商品を全力でアフィリエイトしてるの?」って思わずにはいられないサイトをよく目にするからです。

「それって本当に人に紹介していいものなの?」ということを自分に問いかけれなくなった時、人として終わっちゃうんじゃないかなぁと時々私は思っています。
ということで、今回は私が考えるアフィリエイトの条件についてつらつらと書いていきます。

真面目にアフィリエイトに取り組むために

アフィリエイターが商品やサービスを選ぶ条件って

  • 売りやすい
  • 単価が高い

の2点かなぁと思います。

でもそれだけで選んじゃうと、

  • これを飲むだけで痩せます!
  • こんなに簡単に稼げるよ!!
  • お肌を綺麗にするならコレ!

みたいな、「それってマジで効果あるの?」的なものを全力で売ることになってしまいます。
これに対して私は「もうちょっと考えてアフィリエイトしようぜ」って思うんですよね。

でも、私のような考えがあるとほとんどの人はアフィリエイトでそんなに稼ぐことはできないはずです笑。
というのも今の消費社会では、『バカを集めてバカに売る』ほうが儲かる社会なんですよね。

今の社会って正しいの?

『バカを集めてバカに売る』、表現は最低ですが、これは事実なのです。
ちなみに私もバカのうちの一人です。

なんたって30万円くらいする情報商材を購入した過去があるからです笑
→→→『30万円も払ってアフィリエイト塾に入ってすごく後悔した話

頭が良い人は、こんなことにお金を払いません。
何処の馬の骨ともわからない人、なおかつメールだけで会ったこともない人にそんなに大金を出すわけがないんですね。

30万円もあったら最新のパソコンなどなど、作業環境を良くするものを買ったほうが断然いいのです!
そして専門家などの本を購入して読んだほうが絶対にいいです。

それにSEOを知りたければ、グーグルで検索して1ページ目に載っているサイトを参考にすればいいだけですからね。

でも、私みたいにバカな人たちは楽をしたがるので、

  • 簡単に痩せる方法
  • 簡単にモテる方法
  • 簡単に稼ぐ方法
  • 簡単に頭が良くなる方法
  • 簡単に健康になる方法

を模索してしまうんですね。
つまり、なんの根拠もないような「誰でもできる」的なハウツーものが売れるわけです(´・ω・)

でもこれってアフィリエイターだけが悪いだけではありません。
ネット社会じゃなくて実社会でもそうです。

本屋に行けばハウツー本ばかりですし、テレビのCMを見てもバカな人たちを騙そうとする広告ばかり。
バカに向けて商品を作り、バカな人を誘導するために広告を作成する社会なのです。

まぁでもそれを人々が求めているから仕方がないって話かもしませんが、私はそれが正しい社会だと思わないわけです。

ちょっと前にあったDeNAが運営していたキュレーションサイトの事件なんかもそうですよね。
日本を代表するような東証一部上場企業が、そんなしょうもないことしてSEOを高めていたのか・・・という残酷な事実がありました。

他にもニュースを見れば、国家一種試験を受けたような超頭がいい官僚が天下りで数億円をもらっていたり。
それって国民の税金だよ?と誰でもわかりそうな簡単なことなのに、超頭いい人たちがそんなモラル無きことをやっているのです。

一流企業の社員だって、政治家だって、頭が良いとされる高学歴な人たちばかりなのに、モラル無きことを平気でやっている世の中なんですね。
「それが社会で働くことだ!」ということを私は受け入れることができません。

変わっていく友達

私が大学生の頃は、私のように世間知らずの理想を持っている人が多くいました。
でも、大学を卒業し、社会で働くことに慣れた友達はどんどんと考えが変わっていきました。

  • 自分では買わない株などの金融商品を売りまくる友人
  • ノルマをこなすために窓口で手当たり次第に保険を勧める友人
  • 無知なおばあさんにガンガンと銀行カードローンを勧める友人
  • 適当に仕事をしてあえて残業代をもらう市役所に務める友人

「アフィリエイトの世界は金に汚いやつらだ!」と、彼らは言うことはできません。
アフィリエイトの世界にだってモラル無き人はいるし、アフィリエイト以外の世界でもモラル無き人はいるのです。

どちらの世界にしろ彼らがやっていることは、無知な人に何かを売っているだけ。
ことば巧みに人を誘導し、メリットを与え、買わないという選択肢を削いでいくだけ。

それに対して「うーん」と、私は思うわけなんですね。
まぁこんなことを言ってる私ですが、自分が甘いやつってことは重々承知して、理想だけで生きていくことはできないということも痛感しています。

何を売ればいいのか?

こんな考え方を持っているとASPを見たって、ほとんど紹介したいようなモノやサービスがないことに気がつきます笑。
でも数は少ないですが、「これを正しく紹介すれば人々の人生が良くなるんじゃないの?」というモノやサービスは絶対にあります。

それを頑張って探して、自分で試して評価して、それを紹介していくのが正しいアフィリエイトであり、アフィリエイターの役目だと私は思っています。
売れやすさや報酬だけで判断していくと、お金は儲かるかもしれませんが、人として腐っていくはずです。

子供に、「お父さんってどんなお仕事してるの?」と聞かれた時に、「お父さんは、効果があるのかよくわからない酵素ダイエットのジュースを紹介してるんだよ」とは言いたくないですよね?

まとめ

なんとなーく、自分のアフィリエイトに対する甘っちょろい考えをまとめてみました。
でも、この考え方で私はアフィリエイトをしていこうと思います。

  1. どれだけ単価が良くても、自分が買いたいと思えない商品は紹介しない
  2. どれだけ単価が良くても、自分が継続したいと思えないサービスは紹介しない
  3. どれだけ単価が良くても、自分の子供が購入してほしくないモノやサービスは紹介しない

とりあえずこの3つの条件を心に留めてアフィリエイトをしていこうと思います。
ということで、「俺は他人に何を売っても何も感じない!金さえ入ればいいんだ!」と言う方は、私にアフィリエイトに関するお問い合わせはやめて下さいね〜。

適切なアドバイスもできないと思うので、双方が時間的にもストレス的にも損するだけだと思いますので!

逆に、「今のアフィリエイターってなんか変だよね」と、違和感を持っていて、正しくモノやサービスを紹介したい!とお考えの人は、どんどん絡んできて下さい。
お互いに情報交換できたり、刺激し合えたらと思います(`・ω・´)”

余談ですが私が信用しているネットビジネス界の人は、

  • 新田祐士(みんてぃあと呼ばれてた)
  • 木坂健宣

さんの2人です。
もちろんこの2人も高額と呼ばれるセミナーを企画していたりしますが、人間性やモラルがしっかりされた方だと私は思っているので、どうせお金を払うならこの2人がいいのかと。(自分で判断してくださいね(=゚ω゚)ノ)

まぁこの2人はアフィリエイターではありません。
新田祐士さんは初期の頃はアフィリエイターでしたが、今はもうアフィリエイトなんてやらずに自分で企画している人ですね。

「この2人は嫌い!」という人は、多分私のことも嫌いになるはずです笑。
もちろん最初は新田祐士さんといい、木坂健宣さんといい、2人とも「どうせ変なやつでしょ?」と私も疑っていました。

でも新田祐士さんの『新世界アフィリエイト』と、木坂健宣さんのネットビジネス大百科、パフォーマンスセミナーを受けて見て、「この2人は本物だわ」と思えるようになりました。

新田祐士さんはメルマガを発行しているので、興味ある方は購読してみて下さい。
木坂健宣さんはyoutubeで和佐大輔さんと一緒に『和佐木坂ラジオ』というものをやっているので、聴いていただけたらと思います。

ちなみにですが、私の和佐大輔さんの評価は普通です笑(嫌いではありません)
和佐大輔さんの企画にも参加したことがあるのですが、なんとなく私とは考え方が違うなと思いました。

感覚としては、和佐大輔さんの言ってることは和佐さん以外からでも本や人から学べるけど、新田祐士さんや木坂健宣さんの言うことは本や人から学べないことが多い、という感じです。

目指すべき大人

ネットビジネス界では新田祐士さんと木坂健宣さんを紹介しましたが、私がもっとも参考にしている人がいます。
その人は、多摩大学大学院教授の田坂広志さんです。

こんな熱いおっさんになりたいなぁと思って行動していたりするんですね笑。
田坂広志さんは世界経済フォーラムが開催するダボス会議(世界各国のリーダーやら学者が参加する会議)に出席されている、まぁ私が近づくことができないような人です。

YouTubeに動画があるので、転載しておきます。
興味ある方は見て下さいね(=゚ω゚)ノ

「このおっさん熱すぎてうざい!」と思う方は、きっと私のこともうざくなるはずですので笑

たま〜に田坂広志さんも六本木辺りで1回5万円くらいするセミナーを開催しています。
まぁ高いですが、その辺のネットビジネス界の怪しい人にお金を払うよりは、田坂さんのセミナーを受けた方がいいと私は思います。

コメント