ちゃんと数こなしてる?売れないアフィリエイターが心に刻むべき基本の考え

売れないアフィリエイターが心に刻むべき基本の考え 初心者向けコンテンツ

アフィリエイター初心者に多いのですが、「何を紹介していいのか全然わからない!」という人がいます。いや、初心者でも中級者でもそうかもしれません。

日本では月に1万円以上を売り上げるアフィリエイターは全体の5%未満と言われおり、アフィリエイトでご飯を食べている人となれば全体の1%未満でしょう。
だからそれだけアフィリエイトって難しいし、誰もが「何を紹介したらいいの?」と迷っているはずなんですね。
ということで今回の議事は『アフィリエイトで紹介する案件の探し方』についてになります。

売れるものを売るべきである

ものを売ってる企業や個人、どこでもそうだと思うのですが、基本は『売れるものを売る!ことです。

自分が売りたいものだけを売るというのも間違ってはないのですが、市場と自分の考えがかなりマッチしてないとそれなりに稼ぐことはできないでしょう。
お小遣い程度くらいなら良いかもしれませんが、月に10万円以上稼ごうと思えば『売れるものを売る』のがベストな戦略です。

芸能人並みの発言力があれば『売りたいものを売る』ことも可能でしょうが、一般人にはなかなか難しいことだと思います。

そんなこと分かってる!という人へ

『売れるものを売ればいい』なんて知ってるし、「分かってるよ!」という方は、稼いでますか?稼いでいるのでしたら、もうこのページは閉じてください・゜・(ノД`)でも稼いでないのだとしたら、もう少し見てください。

『分かっているのに稼げない』ということは結局分かってないってことですよね。
分かっていることと、できることは全然違うのです。

ちゃんと十分な量はこなしてますか?

多くの人はASPにある商品をブログかメルマガとかの媒体を通して売ろうとしているはずです。
では、「登録しているASPの商品をどれだけ売ってますか?」

5商品?10商品?20商品?

全然少ないです。

最低100商品は違う商品をブログやメルマガで紹介してみましょう!
先ほども言いましたが、アフィリエイターで月に1万円稼げる人は全体のたった5%しかいないのです。きっと多くの稼げないアフィリエイターは10商品くらいは売ろうとしたはずなんです。

でも売れなかったので、結局はアフィリエイターをやめてしまう人が多いのです。
そりゃあね、たった10商品紹介して1つでも売れる商品が見つかったならば、あなたはめちゃめちゃ市場感覚に優れているし、商品の紹介の仕方も上手いです。

でも現実はそこまで甘くないですよね?
市場感覚やマーケティングを専門的に勉強した人ならば、売れる商品を予想できるかもしれませんが、私たちは大概素人。何が市場で売れて、何が売れないかなんてさっぱりなわけです。

だからこそ最低100商品くらいは紹介して試してみるべきなんです。
それで経験も積むことができ、なんとなく反応がある商品、反応がない商品、などがだんだんと分かってきます。
こういうことは愚直にただやってみることが大切ですねぇ。続けれる人はいずれ稼げるようになります。しかし続けれない多くの人はやめてしまいます。

あ、ちなみに、『これをやるだけで月収30万円』とかいう情報商材には騙されないでくださいね。。。私は騙されたことが昔あるので・・・・・。あぁ、30万円も支払ったのに・・・・良い勉強代だったと割り切りたい・・・・゜・(ノД`)

ちなみに私も昔は稼げませんでした。しかし継続してたら稼げるようになったんです。稼げ出したのはアフィリエイトを始めてから3年目ですけど笑

というのも、最初にクソみたいな情報商材に騙されて、この業界はクソだ!と思って2年間くらい離れてたからです。コツコツやり始めて半年目くらいから成果が上がりました。(アフィリエイトではね。せどりはすぐに利益が出ました。)

情報商材を売りたい気持ちはわかるけど、売れないよ

情報商材からアフィリエイトを始めようとする人が多いです。
でも、正直やめたほうが良いです。そりゃあ情報商材が1つ売れたら、結構なお金になるのでやりたい気持ちはわかります。

でも難しいです。

というか色々な高額塾とか、コンサルとかで『情報商材を売ってあなたも稼ごう』というのが流行りですが、それって結局は塾なり、コンサルなりを企画する人が、生徒に情報商材を売りたいから企画してるのです。

ちょっと分かりにくいですね。

企画する人「君たち、俺のコンサル受けたら絶対稼げるようになるで!」

客「まじっすか!楽して稼げるならコンサル受けます。」

企画する人「ほい。ならコンサル代は半年で30万円ね〜。」

客「(高い・・・でも稼げるなら)払います!」

企画する人「まず稼ぐためには、これとこれが必要だから買ってね。」

客「(おいおい情報商材ばっかりやんけ)はい・・・」

企画する人「ほい。なら君たちもコンサルをして、生徒見つけて、俺と同じように情報商材売ったら稼げるで!」

私「(ネズミ講やんけ!!!)」

というほろ苦い思い出とともに、私の過去を語ってみました・・・。
私はそんな稼ぎ方はしたくなかったので、その塾から出て行きました。もちろん、良い塾やコンサルもあると思いますよ!(たぶん)

情報商材を売ることは決して悪いことではないです。
しかし、怪しげな世界でもあります。私はそういうネズミ講的な売り方は嫌いなのですが、「全然OK」!とか「稼げたらいいやん!」という人には向いているでしょう。
でもなんの実績ももたない初心者が戦えるほど優しい環境ではありませんから、とりあえず実力をつけてからのほうがいいと思います。

まずは愚直にやってみよう

愚直にASPのA8で見つけた商品を売ってみましょう。
どうやったら人に興味を持ってもらえるようなブログやメルマガにできるか考えてみましょう。考えもしないで、すぐ「ブログの書き方」とか「メルマガの書き方」とか「ASPの売り方」とか検索エンジンで調べないでください。(私はすぐ調べちゃいましたが笑)

一度立ち止まって自分の頭で考えてみることがとっても大切です。
まずは自分のやり方で商品を売ってみてください。きっと売れないはずです笑
でもそれが良かったりするんですよ。そこからどうやったら売れるか?どうしたら人に興味を持ってもらえるか?どういう広告の貼り方をしたら成約率があがるのか?売れてる人と自分のブログやメルマガのどこが違うのか?

まずは自分でできるところまでやることで、売れてる人のブログやメルマガの作り方と比較することができるんですね。
何もしないでいきなり売れてる人のを参考にすると、自分が何がわからないのか?人のを見て何を発見したのか?が全然わからないのです。

きっと「ふ〜ん、ブログやメルマガってこうするんだぁ」くらいの感想しかでなくなっちゃうんですね。それって結構もったいなくて、何にも触発されず自分の素の感性を出せるのって1回きりですから。
だからまずは自分でやってみる。答えなんていつでも、いくらでも見ることができますからね。(`・ω・´)”

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回の記事では『アフィリエイトで紹介する案件の探し方』について書いてきました。

では簡単に今回の記事をまとめます。

  • 売れるものを売る
  • 十分な量をこなす
  • 最低100商品は紹介してみる
  • 愚直にただただやってみる
  • 情報商材は初心者は難しい
  • すぐにサイトを見て答え合わせをするのではなく、まずは自分の頭で考えるクセをつける

本日も最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。

コメント