知識共有プラットフォームBrainが危険な理由【情報弱者ホイホイ】

知識共有プラットフォームBrainが危険な理由【情報弱者ホイホイ】アフィリエイト日記

noteにアフィリエイト機能(紹介すると紹介者にお金が入る機能)がついたようなサービス、『知識共有プラットフォームBrain』がリリースされました。

 

正直なところ、危険です。というのも、『紹介料目当てで紹介料が高いものを紹介しまくる(品質より紹介料のほうが大切ということ)』というような状態が予想されるからです。一般人は近づかないほうが身のためですね。

Brainはinfotop(インフォトップ)と似てる

Brainみたいなサービスってあったのですよ。しかも10年以上前から。それがinfotop(インフォトップ)というサービスです。(インフォトップのほかにもインフォカートなどなどもあります)

 

Brainと同じように、情報がアフィリエイト機能付きで売られていました。(現在も売られているけれど)

  • FX
  • アフィリエイト
  • ダイエット
  • 占い

系の高額商品がたくさん売られていました。歴史は繰り返すのです。

 

このようなサービスは、紹介料目当てで品質が高いものより紹介料が高いものを紹介する、いわゆるアフィカスが横行することになります。これはインフォトップやBrainが悪いというよりは、ヒトがそういう生き物としか言いようがありません。このようなサービスは、この構造から逃れることはできません。

 

noteが「なぜアフィリエイト機能をつけなかったのか?」を、考えるべきだったように思います。ということで、みなさま、お気をつけください。(もちろん素晴らしいコンテンツもあります。それを見抜く力が必要ということです。)

 

それにしても、情報系の世界である程度生きていたら、このようなことはある程度考えられるはずなのに、我先にと乗っかる人たちを見ると、「あー、なんだかなー」と思わずにはいられません。いや、いいのですよ。そのフットワークの軽さが強さなのですから。

 

でも、真善美が必要なのではないでしょうか。影響力のある人こそが、危険性などをまず先に発言するべきではないのでしょうか・・・。

  • DeNAのウェルク問題から学ぶべきこと
  • GoogleのSEOの変更から学ぶべきこと

ネットでお金をいただく身としては、ネットの健全化に少しでも貢献できたらな・・・と思いたい。こういう頭の硬いところが、私の弱点なのでしょう。参考までに。それでは!

エリートじゃなくても読むべき本↑

 

コメント