文賢はライター初心者こそ使うべきツール【自分の癖が分かります】

文賢はライター初心者こそ使うべきツール【自分の癖が分かります】初心者向けコンテンツ

『文賢』というツールを1ヶ月ほど利用してみました。

文賢は、

  • 文章添削ツール

です。

 

ネット上に無料で使える文章添削ツールはありますが、文献はそれを数段階レベルアップさせたツールです。以下では、文賢を1ヶ月利用してみての感想を書いていきます。

文賢の公式サイト↓

文章の完成度を高めるライティングツール【文賢】

1 文賢はライター初心者こそ使うべきツール

文賢を製作している会社は『株式会社ウェブライダー』です。ブロガー・アフィリエイターならお馴染みの、あの松尾茂起さんが代表を務める会社です。

1.1 初期費用と月額料金がかかる

まずは文賢のお値段から。

  • 初期費用:10800円(税込)
  • 月額利用料:1980円(税込)1ユーザーライセンス

と、安くはありません。

1.2 文賢の使い方

文賢はWebブラウザで使います。ですから、

  • Google Chrome
  • Safari

で使えます。私はMacユーザーなのでSafariを使っております。文賢的にはGoogle Chromeを推しておりました。(Google Chromeの拡張機能を使えば、文章をそのまま文賢に送ることができる)

 

使い方の流れは以下の通り↓

  1. 文章作成
  2. コピーして文賢に貼り付ける
  3. 文賢が文章をチェックしてくれるので、指摘されたところを直す

という3ステップです。

 

試しに上記の文章をコピーして、文賢にコピペしてみました。

文章添削は3つの面から行ってくれます。

  1. 文章表現
  2. 校閲支援
  3. 推敲支援

私は、校閲支援と推敲支援をメインに使っています。

1.3 自分の文章の癖が分かる

文賢を使うなら早ければ早い方がいいと、私は思っております。なぜかというと、早くから自分の文章の悪い癖を見つけた方がいいからです。

  • 語尾が「です」ばっかり
  • 「、」をつけないので長くて読みづらい文章になっている
  • 半角数字と全角数字が混合している
  • 「なります」を間違って使っている
  • 二重否定表現を多用している
  • 同じ助詞を連続で使用している

などなど、自分では気がつかないような『癖』を、文賢は指摘してくれます

1.4 『音声読み上げ機能』が便利

文賢には『音声読み上げ機能』があります。1クリックですぐに文章を読み上げてくれるので、便利です👍

耳で聞くと「あ、ここの表現おかしいかも」というのが分かったりするので、オススメの機能です。

1.5 編集者は必須のツール

ライターの文章をチェックする編集者にとって、文賢は必須のツールになりそうです。追加のライセンス料がかかってしまいますが、ライターさんに「文章を送る前に、文賢で誤字脱字のチェックよろしく!」と伝えておけば、自分がやる必要のある編集の手間が省けます。

おわりに

文賢を数回も利用すれば、自分の癖が分かるはずです。そうなれば文章作成中に「あ、ここはよくやる間違いや!」と、文賢に頼らなくてもミスに気がつけるようになります。

 

文賢の利用料は少々高いですが、ライター初心者こそ利用するべきツールだと思っております。『変な文章のまま』書き続けて、変な癖が固定化されるのが一番怖いですからね😅

 

それでは!

文賢の公式サイト↓

文章の完成度を高めるライティングツール【文賢】

コメント