Gmailの量産方法とその注意点

Gmailのメールアドレス量産方法とリスク 初心者向けコンテンツ

アフィリエイトをやっているとツイッターのアカウントを量産するためとか、無料ブログの量産のために、メールアドレスをたくさん作りたいという人がいます。
この記事ではGmailのメールアカウント量産方法を紹介するとともに、注意点を記します。

Gmailのメールアドレス量産方法とリスク

あなたのGmailのアドレスは、
『sample@gmail.com』
と、こうなっているはずです。

「s.ample@gmail.com」「sa.mple@gmail.com」「sam.ple@gmail.com」のように@の左側部分に「.(ドット)」を入れることで量産することが可能です。

量産と言っても、メールが届くのは「sample@gmail.com」に全てのメールが届くようになります。
この機能を利用することで、1つのメールアドレスでTwitterアカウントや、無料ブログのアカウントを量産することができます。

他にも、「sample+1@gmail.com」「sample+2@gmail.com」などなど「+」をつけることアドレスを量産することも可能です。これももちろん、元となるアドレスの受信箱に全てメールは届きます。

メルアド量産にはリスクがある

量産できるからと言って、あまりに作りすぎるとアカウントが凍結されることもあるようです。グーグル側からしたら、量産されることに良い気持ちはしないでしょう。(ネット上にゴミをばらまくようなものだから)

Gmailの量産によって効率的に多くのアカウントを作成できることができますが、凍結される可能性もあるというリスクも知っておいてください。

Gmailの賢い使い方

やりすぎは凍結のリスクがあるので、作りすぎはオススメしません。
賢い使い方として、

「sample+blog@gmail.com」「sample+twitter@gmail.com」「sample+business@gmail.com」といった感じで、使い分けするのがいいかなぁと思います(`・ω・´)”

コメント