【ブログ・アフィリエイトがピンチ】どうやらアップルのITP2.0がやばいみたいです!

吹き出し シャチ氏 日記

ITPでブログ・アフィリエイト界がざわついております。

シャチ氏
シャチ氏

ITPってなに?

アザラシ氏
アザラシ氏

ITPとはAppleのSafari11.0から搭載されている『Intelligent Tracking Prevention』のことです。

シャチ氏
シャチ氏

ますますよく分からんw

アザラシ氏
アザラシ氏

プライバシー保護のためトラッキングデータを削除するものなんだ。

シャチ氏
シャチ氏

トラッキングデータを削除されたらなにがやばいの?

アザラシ氏
アザラシ氏

Safari経由のASPの成果が計測できない→お金もらえない

シャチ氏
シャチ氏

それってやばくない?

アザラシ氏
アザラシ氏

だからネット界で騒がれているんだね^^;

ITP2.0でアフィリエイトの成果が計測されなくなるぞー

ITP2.0はアフィリエイトの仕組みの根幹をぶち壊してくるものです。

冒頭にも書きましたが、アフィリエイトの成果が反映されなくなるんですね。

一般ユーザーからしたら嬉しい

ブロガー・アフィリエイターからしたらたまったものではありませんが、一般人からしたら、「興味もない広告が延々と出続けなくなるからいいね!」というのが正直なところじゃないでしょうか。

広告ビジネスをしていないアップルだからこそできる機能ですねぇ。

「うざい広告がでないなら、アップルに乗り換えるわ!」という人も多少はいるんじゃないでしょうか。

Safariのみの話だからGoogleなら大丈夫

ITP2.0はアップルの話なので、グーグルさんのグーグルクロムであればこれまで通り、問題なく計測されます。

ただーし、世界的にみても日本はiPhoneのシェアが大きいお国なのです。つまり、ITP2.0が開始されたら、多くのブロガー・アフィリエイターは収入が減少するでしょう。

そして、ブロガー・アフィリエイターとともにASPも大ピンチになります。

グーグルアドセンスはどうなる?

これはグーグルアドセンスもやばいんじゃないかなーと思っています。

ネット広告もダメになるとしたら、グーグルのサービス自体もぶっ壊れてしまいます。となると、ユーチューブなどもぶっ壊れてしまいます・・・。

流石にこれはグーグルが何か対策を取るでしょう。というか、取らざるを得ないでしょう。

グーグルが対策できるなら・・・?

グーグルがITP2.0に対策できるのであれば、理論上はASPも対策できるんじゃないかなーと私は考えております。

が、グーグルみたいに超優秀なプログラマーがASPにいるとは限りません。つまり、

  • 対策が十分に取れるASP
  • 対策が不十分なASP

に別れてしまうのかと。

GAFA依存しすぎは危険!分散せよ!

GAFAと略される、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンのサービスに過剰に依存するのは危険ですね。

つまり、どういうことかというと、

「自分の商品を持て!」

ということです。

グーグルアドセンスに依存したり、アマゾンアフィリエイトに依存したり、ASPに依存したりは危険なんですわ。

自分の商品を持ち、自分の商品を安定的に売れるかが、精神の安定さに不可欠な要素になるのかと思います。

ということでまだ自分の商品をお持ちでない方は、頭に汗かきながら商品開発していきましょうー!

【広告ブロック機能が怖い】ブロガーもアフィリエイターも自分の商品を持つべき理由
以前、こんな記事を書きました→アドセンスに頼っていてはヤバイ時代がくるかもよー 広告ブロッカーが急速に流行り出してるって記事です。広告がブロックされると、当然ながらアドセンスの収入は減っていきます。 んで、日本の広告ブロック率はどのくら...

*参考にしたサイト

コメント