Facebookの仮想通貨『Libra』について調べてまとめてみた

Facebookの仮想通貨『Libra』について調べてまとめてみた 仮想通貨

Facebookの仮想通貨『Libra』について調べてましたので、この記事でまとめていきたいと思います。

Facebookの仮想通貨『Libra』とは?

それでは以下にLibraについて調べたことを書いていきます。

1:ステーブルコイン→値動きが小さい

例えばビットコインは価格が乱高下します。ビットコインのことを詳しく知らない人でも、「ビットコインって値段が上がったり下がったりするんやな」という認識があるはずです。

 

Facebookの仮想通貨『Libra』はビットコインのような値動きはありません。値動きがないメリットはというと、

 

法定通貨と同じ感覚で利用できる

 

ということです。

法定通貨は『円』や『ドル』などのことですね。Libraは『通貨バスケット制』を採用することで価格変動を防ぐようです。通貨バスケット制とは、通過の変換レートを複数の貿易相手国の為替相場と連動させることです。(ビットコインと違い、PoWやPoSのようなアルゴリズムに依拠するのではない)

2:Facebook世界で繋がる友人間の送金が可能

Facebookは膨大なユーザーを抱えています。

  • Facebook
  • Instagram
  • WhatsApp

友人間で送金が可能となると超便利なのです👍少なく見積もっても20億人に送金が可能となりそうです笑

 

つまり、世界の基軸通貨になってもおかしくないのですね。価格変動もなくて20億人が使えて・・・となると、世界でもっとも使われる仮想通貨になるかもなのです。

3:多くの企業がコンソーシアムを結成

  • Uber
  • PayPal
  • Visa

などなどの有名企業までもがFaceboolのLibraに賛同しております。つまり、

 

いたるところでLibraの利用ができる

 

可能性が大いにあります。

4:Libraはまだ入手できない

2020年スタートを目指して開発中ですので、まだLibraは入手できません。あと・・・日本で使えるのかな?というのはちょっと不安ですね😅

5:中央集権的なところが残念

仮想通貨は中央集権的ではなく『分散的』なところがリベラル派からしたらグッドなところでした。LibraはFacebook周りの企業が管理することになるので、中央集権的なものですね😅

おわりに

投機対象ではない仮想通貨が出てきたのでワクワクですねぇ。価格が安定しているということで、購入にそこまで躊躇しなくて済みます。となると、一気に普及するかもなのですね。楽しみ楽しみ。

それでは!

コメント