【ペラサイトアフィリエイト戦略】1つのドメインに依存しない&ドメイン代をケチらない

1つのドメインに依存しない ペラサイト

ペラサイトアフィリエイトでお金を稼ごうと思うのならば、ドメイン代をケチってはいけません!
今回の記事では『なぜドメイン代をケチってなダメなのか』を書いていこうと思います。

ドメイン代をケチってはだめな理由

なぜペラサイトアフィリエイトではドメイン代をケチってはダメなのでしょうか?
まずはアフィリエイトではなく、投資で考えてみましょう。

もしあなたが株をしようとして、株専用資金として1000万円があったとします。
「1000万円を1つの銘柄に全てつぎ込みますか?」

そんなことしませんよね。
絶対に分散させて複数の銘柄を購入するはずです。
投資の世界では『分散投資』が基本ですが、リターンもリスクも分散させておくことは、世の中のほぼ全てのことに当てはまることだと思います。
受験でも滑り止めは複数受けるし、就活でも複数企業を受けるし、基本的にリスクを分散させておくのは心の平穏にもつながります

もちろんアフィリエイトでも同じです。
1つのサイトで100万円を稼ぐよりも、100個のサイトで1万円ずつ稼いだ方がいいです。
だって、グーグル先生の気まぐれで検索エンジンのアルゴリズムが変われば100万稼ぐサイトが1万稼ぐサイトに落ち込むこともあるからです・゜・(ノД`)

1つのサイトでたくさん稼ぐのは、ドメイン代も1つで良いし、一見すごく効率的に見えるかもしれません。
しかし、依存度が高ければ高いほど、リスクも高くなってしまうのです。
「もしそのサイトがダメになったらどうしよう?」と、常に不安と戦わなければなりません。

それよりは複数のドメインを取得し、複数のサイトを作り、金額は多くなくてもたくさんのサイトから一定の収入を得る方が安全です。

パレートの法則をアフィリエイトにも適用

「パレートの法則を聞いたことがあるでしょうか?」
80:20の法則と言われ、例えば、「会社の8割の利益を生み出すのは、2割の商品である」とか、「仕事の8割の成果は、費やした時間の2割で生み出されている」とかの法則のことです。

これはアフィリエイトにも適用できて、「アフィリエイトで得る利益の8割は、2割のサイトから得ている」となるでしょう。
つまり、100個のサイトを作ったら20個のサイトからほとんどの利益が出ると考えてください。(100記事書いたら20記事にアクセスが集まるとも言えます)
だから、5個くらいサイトを作って「稼げないやんけ!やめた!」ってなるのはもったいないです。

でも、逆に言えば『8割のサイトはあんまり稼げない』ことになります。

イチローから学ぶプロの世界

でもね、日本を代表するスポーツ選手のイチローだって3割しかヒット出せないんですよ?
3割でプロ・・・その3割を当てるために人生をかけないとダメなんです。
私たちアフィリエイターもプロとして稼いでいこうと思うのであれば、2割のサイトしか利益を残さないとわかっていたとしても、どれだけ全力で10割の力を注いでサイトを作れるかが、成功する人と、成功しない人の違いになります。

もしペラサイトアフィリエイトで生きていこうと思うのであれば、作ったサイトの8割はボツになる覚悟のもと、どんどんドメインを取得してサイトを作って生きましょう(`・ω・´)”

コメント