せどり初心者向けに必要なモノやツール、考え方についてまとめてみました

せどり 初心者向けコンテンツ

副業を始めようかなと思っている人も多いはずです。この不況の世の中ならねぇ。

だから「副業」ってGoogleで検索しても怪しいサイトも多いし、情報もありすぎてよくわからないと思います。
そんな中で、私は『せどり』をお勧めします。「せどりってなんやねん?」という人も多いと思うので、分かりやすく解説していこうと思います。

せどりって何?

中古の本屋で本、CD、DVD、ゲームなどを仕入れて、ヤフオクやAmazonで高く売り、利益を出すビジネスのことです。最近では中古のモノ以外(新品など)も多いですけど。

響きは悪いかもしれませんが「転売」というやつです

私は転売というのに嫌なイメージを持っていたので、最初はやりませんでした。
コンサート会場にいるダフ屋なんてのも転売屋の一種で私にはよいイメージはありませんでした。ファンでもないのにチケット買って、それをファンに高く売るなんて許せないじゃないですか?だから「転売なんてクソ!」だと思ってました。

でも今は正しい手法ならば、せどりはやってみるべきだと思っています。というのも、転売ってビジネスの基本なんですね。
例えば、「商社」なんてのも1つの転売屋みたいなもんです。
だって「外国から安い小麦を買って、日本で高く売る」なんて転売と変わりませんよね。規模は違えども、「安く買って高く売る」です。

だからモラルさえあれば『せどり』も全然怪しい手法ではないのです。
私たちだってできるだけ安く何かを買いたいわけですし、そこに需要と供給があればビジネスが成り立つわけです。

売るという感覚を身につけよう

普通に会社員として働いているだけでは「利益」を出すという感覚は身につきません。
なんとなく働いたら会社が給料を払ってくれるからです。
こういう人はビジネスマンではなく、サラリーマンですよね。(市役所で勤めている公務員の人は『市場感覚』が欠如している人が多い)

ビジネスマンは、自分で仕事を取ってきて、利益を出していくものです。
何が言いたいかというと、副業をやりたい方の多くはサラリーマンですが、、残念ながら個人で利益を出す感覚が欠如しています。
だから、まず最初に「人に何かを売る」という感覚を『せどり』で身につけるのはいいことじゃないかなぁと私は思います。

ヤフオクorメルカリから始めるべし

「何を売ったらいいの?」という話になりますが、いきなり商品を仕入れるのはハードルが高すぎます。
ですので、まずは自分の身の回りのいらないものを売りましょう。

例えば読まなくなった本、聴かなくなったCD、観ることのないDVDなどは売りましょう!
「こんなの売れるの?」と思うようなモノもあるかもしれませんが、以外と売れるものなので、どんどん出品してみてください(もちろん売れないものもありますよ)

ということでヤフーオークションに早速登録しましょう。月額410円かかりますが、これで失敗したからといって損するのは410円、昼飯1食分です。これくらいでビビっててはダメですよ。

今は登録料がかからないメルカリをオススメしています。

今までモノを中古屋に売ったことないって人がいるのですが、自分で出品し、買い手が見つかったら取引し、相手の振り込みを確認してから、発送する、という一連の流れを身につけることがとても大切なのです(`・ω・´)”

やってみれば意外と簡単なので、まずはやりましょう!!!それと、オークションの落札相場を調べるためにオークファンを利用してみてください。

オークファン会員登録

無料会員登録と、有料会員登録があるのですが、無料の方で大丈夫です。

せどりをするメリット

『せどり』のメリットについて書いていきます。

即効性があり「稼ぐ」という感覚を身につけ易い

なぜせどりから始めるのをお勧めするかというと、即効性があるからです。
普通ビジネスを始めて利益がで始めるのって早くても3ヶ月目とかで、しかもその間はかなり頑張らないとダメで、副業という片手間の作業で利益を出そうと思えば大変なのです。
しかし、『せどり』であれば、多くの知識は必要なく簡単なので、すぐに利益を出すことができます。

もちろん月にいくら稼ぎたいかなどの目標によって忙しさはまちまちですが、月に3万円程度であれば、片手間の作業で十分です。例えば仕事帰りに中古屋に行って売れそうなものを買って帰るだけで良いのですから。

失敗してもリスクが少ない

例えば、1万円かけて仕入れて、それがまったく売れなくても損するのは1万円です。
しかも「モノ」は手元に残っているので、そのまま捨てずに持ち続けていたらいつかは売れるかもしれません。

また、ツールが進化しているので、初心者でも「売れない」なんてことはあまりないと思います。ちょっと考えてみてください。「どうやって安く仕入れて高く売ればいいのだろう?」と。

ざっくり簡単に説明しますと、アマゾンで売られてるモノを参考にして、同じ商品をできるだけ安く買うのです。
「そんなことできるの?」って思うと思いますが、案外できます。

例えば、広告などを見て、「閉店セール、今ならほにゃらら製のタブレットが1万円!」というチラシを見かけたとします。
そうしたら「ほにゃらら製のタブレット」の値段をアマゾンで調べて、アマゾンが「1万5千円」で売ってたとしたら、手数料を引いても利益が出そうではありませんか?

つまり、ネットで売られてる価格と比べて、それより安かったら買えば良いのです。(もちろん送料や手数料などは考えてね。)
しかも本やCDやDVDというか、すべてのモノにはバーコドみたいなのがありますよね?そのコードを打ち込むだけで相場がわかってしまう携帯ツールがあるので、失敗なんてほとんどしないのです。

作業が単純

せどりは作業は単純です。
安いもの買って、高く売るだけですから。流れとしては、値段を調べる→安ければ買う→出品する→包装して送る。

シンプル。

まさにシンプル。

最初はどうやって出品するの?とか、包装はどうするの?とかで戸惑うかもしれませんが、慣れれば簡単です。要は、「慣れ」です。

せどりで最重要なこと

動くこと!」これに尽きます。

仕入れるのがちょっと怖いとか、ヤフオクが怖いとか、アマゾンに出品するのが怖いとか言ってたら絶対稼げません。もし一歩も踏み出せないようであれば、「せどり」は諦めてください。
ほかの副業に手を出しましょう。

しかし、せどりが最も低リスクかつリターンが見込める副業の一つです。
ブログで食っていく!なんていう人もいますが、ブログで食べていくのはせどりの何倍も難しいですからね。ユーチューバーになる!って中高生はよく言ってますが、これも難しいですよ。行動できない人はまずyoutubeの顔出しがNGでしょうし笑

せどりのデメリット

メリットについては見てきたので、今度はデメリットを見てみましょう。

収入には上限がある

知らない方は多いかもしれませんが、個人で稼ぐことのできる副業には『アフィリエイト』というのがあります。アフィリエイトであれば年収2000万円を超える人もいます。つまり月収100万円超えくらいです。(稼ぐ人はもっと稼ぎます。)

しかし、『せどり』では月収50万円が限界です。(人を雇い、組織化するなら話は別)(ここでいう月収は利益のことね。)

なぜ違いがでるかというと、アフィリエイトであればインターネットの世界に店を出しているよなものなので、寝てても、遊んでても、ご飯食べてても、自分のウェブサイトから商品を買ってもらえれば収入が発生するのです。

しかしせどりではそうはいきません
自分で仕入れて、自分で商品を梱包して、自分で商品を出荷しなくてはなりません。だから時間的にも肉体的にも限界があるのです。
収入を増やそうと思えば時間も肉体も使わなければなりません。
もっとも、お小遣い程度であればそこまで気にする必要はありませんが(`・ω・´)”。

ちなみに、せどりでたくさん稼ぐ人の多くは人を雇っています。(バイトとかで)
アフィリエイトと比較すると、稼げる金額の幅が出てしまいますが、比較しなければせどりでも十分稼げます。それと、アフィリエイトで10万円稼ぐのと、せどりで10万円稼ぐのではレベルがかなり違います。当然せどりの方が簡単です。(まぁその人の才能によりけりですが、一般的にはせどりのほうが簡単です。)

作業がどうしても必要 

先ほども言いましたが、アフィリエイトであれば仕組みを作ればある程度ほっといても収入を得ることが可能です。(仕組みを作るのが超大変・・・)

しかしせどりは、必ず仕入れ、梱包、出荷をしなくてはならず、作業を減らすこと=収入が減ること、になります。

せどりに必要なもの(初心者編)

  • 行動する気持ち!
  • パソコン
  • 包装材(封筒とかテープとか、ホームセンターに行けば揃います。)
  • クレジットカード(クレジットで買えばポイントも貯まるので、現金よりクレジットカードにしましょう。)
  • 銀行口座(商品が売れた際、振り込みをしてもらうために必要です。ゆうちょと、大手銀行口座があればいいかな。)
  • ネットに接続できるスマホ(値段が安いか高いかはネットで調べましょう)
  • Paypalアカウント

Paypalアカウント

いきなりなんですが、このウェブサイトのページを見てくれたかたは、今すぐPaypalアカウントを作りましょう。

せどりに絶対Paypalアカウントは必要ということではないのですが、ビジネスをやる以上、Paypalアカウントは絶対に持っておいたほうが良いです。(もちろん無料で使えます。)Paypalの公式サイトはこちらをクリック

たとえばインターネットで商品を購入する際に、クレジットカードを入力する場面が多々有ります。多くのウェブサイトにいちいちクレジットカードを入力するって結構こわくないですか?情報の流出とか嫌じゃないですか。

しかし、一度Paypalに登録しておけば、商品を購入する際にPaypalアカウントで支払うことが可能なのです。(Paypalで支払い可能であれば)Paypalは世界中で使われており、安全性も高いのです。

だから今すぐPaypalに登録しましょう!逆に言えばPaypalアカウントで支払い可能なサイトってしっかりしたところです。

値段の調べ方はモノレートで

さて話を戻して、「どうやってネットで値段を調べればいいの?」ですね。
せどりをやってる人の99%が使っているサイトをご紹介します。

モノレート

ここで調べています。商品名を打ち込めば、その商品の新品と中古の最安値と出品者数、そして商品が売れているかのランキングがわかります。

もちろん出品者数が少なくて、ランキングが高ければすぐ売れます。
暇があればこのウェブサイトを見て、相場感覚というものを身につけましょう。
まぁまずは自宅にある不要なものをヤフオクやメルカリで1円出品で売りましょうね。モノレートを使い出す時はせどり中級者としてからでもいいです。

一応モノレートの見方を説明しておきます。

ランキングの波の数をチェック!

まず見るべきは、「ランキングの波の数」です。
売れるものは売れる、売れないものは売れないので、ここはとっても重要な作業となります。逆に言えばここさえチェックできていれば、ほぼほぼ売れていきます。

モノレートのランキングの見方として、横軸が月日で、縦軸がランキングとなっています。縦軸は上に行けば行くほど、売れてないってことになります。

商品が売れればランキングが上がるので、波が「カクッ」となります。例えば↓の画像のような感じ。

モノレートのランキングの見方

これはあまり売れてない商品の例になります。
まぁまぁ売れてる商品だと↓の画像のような感じ。

モノレートのランキングの見方

結構売れてる商品は↓の画像のような感じ。

モノレートのランキングの見方

めちゃめちゃ売れてる商品は↓の画像のような感じ。

モノレートのランキングの見方

カクカクが凄すぎて一種の波のようになってます。平均ランキングも10位なので、この商品は爆発的に売れています。

モノレートでライバル数のチェック!

ライバル数もチェックすることが賢明です。
だって、ライバルが多すぎたらなかなか売れないでしょ?まぁ、そのライバルより価格を下げて出品すればいいのですけど。

モノレートでライバル数のチェック!

売れる商品であればライバル数も多くて良いですが、売れない商品なのにライバルが多いと最悪です。この辺の見極めは経験が多少なりとも必要です。初心者の場合であれば、ライバル数が多すぎるものは控えましょう。

Amazonのレビューと評価をチェック!

波の数もチェックし、ライバル数もチェックしたならば、その商品のアマゾンページに飛びましょう。
アマゾンでチェックするポイントは「レビュー&評価」です。レビューが2、3個と評価が4以上であるのが好ましいです。
人気がない商品はレビューもないし、評価も低いですからね。念のためにチェックしたほうが良いです。

プライムマークがついてるかのチェック!

アマゾンに配送を任せるのか、自分で配送するのかで異なるのですが、経験的にはアマゾンに配送を任せるほうが売れやすいです
と言うのも、消費者からしても個人配送よりは、アマゾンが配送してくれる方が安心感がありますよね。
アマゾンに配送を任せる場合は「プライムマーク」が付きます。そのチェックをしておきましょう。

プライムマークがついてるかのチェック!

プライムマークが付いていると、消費者からすれば送料もかからないし、早く配達されるしで、少々値段が高くてもプライムマーク付きの商品を購入する傾向が高いです。

もしライバルの出品している商品が「プライムマーク」付きばかりであれば、自分が出品する商品もプライムマークだらけの1つになり目立ちません。しかし、プライムマークが全然ないところに、プライムマーク付きの商品を出せば、当然ですが目立ちますよね?

もしライバルが多くてもプライムマークが全然ついていないのであれば、私ならば出品する可能性を考えます。小さな穴場という感覚を磨きながら、モノを売る感覚を身につけることも大切なことだと考えています。

 

出品時に必要な物9選

これだけ添えておけばひとまず安心だというものを選んでいます。

せどりを始めるにために私が必要だと思うものを紹介します。近くのホームセンター、または100均に売ってると思うので、チャチャッとそろえちゃってください。私はだいたいアマゾンで揃えたんですけど(アマゾンさん便利(*°∀°)=3)。

OPP袋

仕入れた本やCD、DVDをOPP袋で包みましょう。用途にあったサイズを購入してください。OPP袋で包むか包まないかで、商品購入者視点での印象がだいぶ変わります。その印象は評価として出てくるので、やっぱりOPP袋で包んだほうがいいです。

プチプチ

割れやすいCD、DVDなどのために必ず必要です。

セロテープ

OPP袋やプチプチをとめるために使用します。個人的には小さいやつより、大きくて重さがあり、片手でテープをちぎりやすいほうを購入することを勧めます。

封筒B5(角形3号)

ヤフオクなどで本を郵送する際に封筒は必要です。私は主にクリップポストを利用して送付しています。

モノサシ

本を郵送する際には厚みが重要となるので、しっかりと計りましょう。大は小を兼ねると思うので、迷ったら大き目のものを購入することをお勧めします。

のり

封筒を閉じる際に使用します。(テープでも可能)

私はクリップポストを利用するので送付先の住所を印刷して、それを封筒に貼るのにも利用しています。(テープでも可能)

ダンボール

Amazon倉庫に送る際に使用します。AmazonでFBAを利用する場合はダンボール送付が原則なので必要になります。サイズは60,80,100,120,140〜があるので、送る商品、数によって使い分けたいところです。(ヤフオクやメルカリならば大きいもの送るときでないと利用しないと思います。使い古されたダンボールより、新品のダンボールの方が相手の評価も高くなります。見た目の印象大切(`・ω・´)”)

私は主にゆうパックを利用してるのですが、当然60サイズと140サイズでは送料に2倍くらいの差が出ます。たくさん商品があれば140サイズで送ることに越したことはありませんが、それも時と場合によりけりです。自分に合うと思うダンボールを購入しましょう。

ゆうパックの計算は以下のリンクから。

ゆうパック運賃料金計算

ゆうパック都道府県別基本料金

ちなみに、大きいダンボールだからといって詰めすぎたら重くなりすぎるので注意が必要です。大切な商品に傷がつくようなことはくれぐれもしないようにしてくださいね。

ガムテープ

もちろんダンボールに使用します。

プリンター

これはちょっと高いので、資金に余裕があれば購入しましょう!
クリップポストを利用する際には必要です。
AmazonでFBAを利用するにもかなり重要になってくるので、必要だと感じたら購入しましょうね。(高いと言っても、そこまでなのでできるだけ早めに購入しておきましょう。)

プリンターの値段がいくらなのかなぁと思って調べたらAmazonではCanon製が3000円くらいで買えるじゃないですか!これは購入すべきですね。評価も高いし(`・ω・´)”
私は2万円くらいで買ったのに・・・今ではこんなに安くなってるのね。。。。・゜・(ノД`)(ちなみにパソコンはある前提で話しています。)

さてさて、これくらいはすぐに揃えましょうね。Amazonのリンクから購入してくれても良いですし、100均やホームセンターで安いものを購入しても良いです。ただ、探すのがめんどくさいや、時間の無駄だと思う人はAmazonから購入するのも手だと思います。

 

せどりに必要なもの(中級者)

ここで紹介するのは、せどりをする人にとって必須のものとなります。
ビビらずに購入しましょう。やはり初期投資という考え方は必要なのです。

  • FBAのアカウント(アマゾンに商品を送り、アマゾンに出荷をしてもらうのに必要です。)
  • バーコードリーター(商品の検索スピードが上がります。)
  • 検索ツール(バーコードリーダーの情報をモノレートに送り、瞬時に買うべきか買わないべきかを判断してくれます。)

さて1つずつ説明していきましょう。

FBAのアカウント

FBAで検索してもらえると簡単にわかると思いますが、ここの説明はちょっと後でします。

バーコードリーダー

本やCD,DVD,家電,というかほぼすべての商品にはバーコードが付いています。それはそうですよね。どこの店でもバーコードリーダーを使ってますから。
私たち個人でもバーコードリーダーを持つことで、商品をたくさん仕入れやすくなるんですね。

たとえばバーコードリーダーを持っていないと、『商品を見る→モノレートに商品名を打ち込み検索する→売れるか売れないか判断する』、という過程を踏みます。

この商品名をいちいち打ち込むのが結構めんどくさいのです。しかしバーコードリーダーと後述する検索ツールを使えば、瞬時に商品の価値を判断してくれるのです。(スマホと連携して使います。)

ちなみにせどりをする人が持っているバーコードリーダーは、

  • MS910
  • KDC200
  • KDC20

の3つのどれかをよく持っています。

一番上のMS910は一番安いので買いやすいですね。真ん中のKDC200ははMS910より性能が良いです。(紹介した3つの中で一番高いですが・・・)最後のKDC20はKDC200の後継種で性能は同じですが、価格が安くなっています。

この3つならどれを買っても間違いはありません。
ちなみに私がオススメするのはMS910です。理由は・・・一番安いから(=゚ω゚)ノ

検索ツール

検索ツールがなければせどりはできません(`・ω・´)”
ということで、オススメのツールをご紹介します。

せどり風神

私がせどりを始める人に真っ先に教えるのが「せどり風神」です。(登録できる期間が限られている場合があります)
せどりについてのノウハウがたっぷり詰まってるので、コスパ最高だと思います。高いと思ったらすぐ解約しましょう!

やめたければ1ヶ月でやめればよいのです(またはライト会員になりましょう)。
このツールを開発した加藤将太さんは名門、京都大学の工学部を卒業し、さらに京都大学大学院でMBA(経営学修士)を出ています。
この人はせどりで月に最高で4853万円稼いでおり、そのノウハウとツールを公開してくれてます。(加藤将太さんは次世代起業家セミナーというのもやっており、そのセミナー動画もすごくいいのでオススメです。3500円の値段以上の価値があると思うので、起業を考えている人は見て損はないと思います。→次世代起業家育成セミナー
私はツールよりこのノウハウがとても重要だと思っているので、せどり風神を勧めています。

ノウハウで分かることは以下になります。

  • バーコードリーダーとツールの接続の仕方
  • せどりの効率のよいやり方
  • FBAの登録の仕方(前述したアマゾンの登録の仕方です)
  • 仕入れから、検品、包装、出荷の仕方

とまぁ、要はせどりで稼ぐことに必要なすべてのことを知ることができます。

といっても、上記のノウハウはネットで検索すれば時間はかかりますが、すべて調べることは可能です。(正確な情報を手に入れれるかはわかりません。その人の判断力が必要となります。)

さらに、ツールを使わなくてもモノレートを使えば、お金を使うことなく商品の値段を調べることは可能です。
しかし!膨大な時間がかかり、得られる成果もちょっとです。

あなたは何のために電車に乗りますか?タクシーに乗りますか?バスを使いますか?すべてはお金を払った以上の、価値を手にすることができるからです。

たった1万円で「せどり」のすべてが分かるなら安いモノだと私は思います。

*ちなみにせどり風神は中古本に焦点を当てていますが、バーコードがついてるモノならすべてのものを検索することができます。

せどりすとプロ

せどり風神で『せどりのノウハウ』を学習したならば、解約して買い切り型の『せどりすとプロ』でもいいと思います。(iPhoneアプリになります)

せどりすとプロ

2,800円
(2017.03.22時点)
posted with ポチレバ

新品せどらー(販売が終了しました)

新品せどりツール!仕入れが簡単、店舗在庫の検索もOK「サヤ取り新品せどらー」

さてもう一つ紹介したいのが「新品せどらー」です。この商品の良いことは、「買い切り」なのです。つまり月額でいちいちお金を払わなくていいんですね。使い方もマニュアルがあり、すぐ理解することができると思うのでおすすめです。

新品せどらーを簡潔に説明すると、アマゾンとの価格差があるものをツールで調べてくれるんですね。だから、パソコンでツールを起動させ検索が終わるまで放置!検索が終われば、価格差がある商品がピックアップされてるので、その商品を調べて、売れそうであれば仕入れに行けばいいんです。うん。簡単。だからおすすめです\(^o^)/

実店舗で仕入れるときのコツ

せどり初心者にありがちなことですが、だらだらしながらじっくり時間をかけて同じ店で商品をリサーチしてもダメなのです。
まぁ、そんな感じで「せどり」は学んでいくものだから仕方がないっちゃ仕方がないんですけど笑。
でももっと素早く利益出して、初心者を卒業したいですよね。
ということで、今回は私が実践する効率良いせどりの仕入れ方をご紹介します。
(ホームセンターや家電量販店を想定しています。ブックオフとか古本屋ではないです。)

とにかく割引に注目

バーコードリーダーとスマフォを両手に手当たり次第に調べたりするのってあんまり成果でないでのです。
お店の商品を適当に調べたって、やっぱり結果はついてこないと思います。見なくてはならないサインは「割引」です。
お店だって慈善事業でやってるわけではありません。
当然利益が出るように、商品は売りたいのです。

だから、できれば割引なんてやりたくないはずです。

でも割引されている商品はあります。「これってなんでだろう?」って考えたことありますか?
ようは、お店側からしたらどうしても売りたい商品なんですよね。

店「この商品仕入れたものの、仕入れすぎた・・・。このままでは売れ残ってしまう。」

店「やっべー在庫をかかえたら、社長から怒られちゃうよー。」

店「処分するのはもったいないから安くして売ろう!」

1つの例ですが、店も何かしらの理由があって割引しているので、割引されている商品はチェックしましょう。

割引率にも注目

利益を得るためには割引率にも注目しましょう。
せどりをやる人のほとんどは、アマゾンで売ると思うのですが、アマゾンってそもそも定価の20%OFFでよく売ってるんですね。

例えば定価が1万円の商品なら8000円で売られてるのです。
ってことは「その商品を7000円で買って、それをアマゾンで売れば、1000円の利益が出る!」と思うのはせどりの超初心者だけですよね。
実際はアマゾン手数料や、買った商品をアマゾンに送らないといけないので、送料がかかります。

商品によってかかる手数料は違うのですが、手数料と送料などを合わせて、ざっくり20%と取られると思ってください。
つまり、アマゾンで8000円で商品が売れたのなら、その20%分である1600円は必要経費としてとられるわけです。ということは8000円-1600円=5400円になります。

ということは、5400円で商品を購入して、それをアマゾンで売れば利益が0円ということがわかりました。
わかりにくいかもしれないので、簡潔にまとめると、私たちが利益を出すならば、定価の40%以下の商品を狙えば良いのです!

だから、割引率も40%オフよりもっと割り引いてくれてる商品を見つけましょう。
逆に言えば、20%オフくらいの割引されてる商品なんて無視です。

流行を掴む

株と似てて、せどりも予測をすることが大切です。

例えば、

  1. アメリカのアーティスト来日決定
  2. その人の過去の商品が人気になりそうと予測
  3. 価格が高騰する前に買って
  4. 一番高い時期に売る

という感じです。芸能ニュースが好きな人は得意かもしれません。そういう意味ではトレンドアフィリエイトと似ている部分があるでしょう。(トレンドアフィリエイトと同様にモラルは忘れないでくださいね)

せどりはもう稼げない?

ネットでせどりについて調べてたら「せどりは稼げない」というワードを目にします。しかし絶対にそんなことはありません。

商品がある限り、需要と供給は必ず発生するのです。

もしもある商品のすべての値段を統一したら、たしかに安く買えたり高く売ったりはできなくなり、せどりはできなくなります。
だけど日本は資本主義です。すなわち戦いの世界なのです。

戦いの世界では当然価格競争が起こり、できるだけ商品を安くして客を得ようとします。
当然、私たちはすべての商品の値段を把握することなんて絶対にできませんから、同じ商品でも安く買ったり、高く買ったりする人がでてくるのです。

たとえば、近所のスーパでは卵が200円だけど、隣町のスーパーは卵が180円だったとします。この情報を手に入れて隣町に行く人もいますし、行かない人もいます。

じゃあ隣町で卵を180円で買ってきて、近所のスーパーの近くで190円で卵を売れば、きっと売れますよね。インターネットがつながった世界では、それを全国で行うことが可能なのです。
「せどりは稼げない」なんていう人はただの言い訳だと思います。

なんにしても私たちに必要なのは「隣町に行く勇気」です。

個人的なせどりの思い

私個人としては、せどりは簡単なので、副業でまず何かを始めるとしたら『せどり』をおすすめしています。でもせどりをやってみたらわかると思うのですが、せどりを専業にしないほうがいいと思います。(私はやってないですよ)

ネットビジネスはまだまだ他に稼げる方法があります。
せどりで月に数万円稼いで、それを元手に他のネットビジネスに移行していくほうがいいと思います。例えば、ホームページ作ったり、ツール買ったりなどなど。
なんでかというと、『せどりは誰でもできるから』です。

誰でもできることをわざわざ自分がやらなくていいんですね。
今現在、私は「せどり」はほとんどやっていません。というのも、副業としてはせどりより他の仕事をやってるほうが面白いからです。

私の場合だと今は身内にまかせています。
身内と言っても専業主婦をやってる義理の姉です。姉たちが稼いだ利益の1割をもらうよにしてるんですね〜。一旦専業主婦になるともう社会には戻りたくないみたいで、主婦の傍らせどりに専念してます。

でね、空いた時間で本業と、さらに副業としてアフィリエイトに専念したわけです。
アフィリエイトは最初は難しいけど、稼げる額はせどりとは比べ物になりません。かといってアフィリエイトだけを専念するのも怖いので、とりあえずできることなら何でもできるようになってたほうがこれからの時代はいいですよ〜というのが私の考えです。

リスクはできるだけ分散すべきで、どの手法でも、どのやり方でも稼げるようになっておくべきです。稼げる額が大きいからといって副業として最初にアフィリエイトに挑戦する人も多いですが、難しいので挫折する人も多いです。
だから「せどり」である程度月に稼げる力を身につけておいて、アフィリエイトに挑戦するほうが無難だと思います。

アフィリエイトが無理ならせどりをやればいいし、せどりに慣れたら、輸出や輸入に挑戦すればいいことですしね!
ま〜何が言いたいというと、副業には簡単な「せどり」から始めることで、挫折せずにお金を稼いでいけると思いますよ!

コメント