【エックスサーバー】サブドメインの追加とワードプレスのインストール方法をご紹介

エックスサーバーでのサブドメインの取得方法 初心者向けコンテンツ

サイト運営をしているとサブドメインを利用しようかと迷う時が来るかもしれません。

私もどのように使うんだろ?と結構ほったらかしのままでしたが、思い腰を上げてガンガン調べてみました。ということで今回はその調べた情報についてご紹介します。

そもそもサブドメインってなに?

サブドメインとは、「http://test.com」を本体のドメインとした時に、「http://sub.test.com」の「sub」の部分のことです。

レンタルサーバーによって、サブドメインが作れるかどうかは変わってきますが、私が使っているエックスサーバーならサブドメインを作ることが可能です。

サブドメインのメリットってなに?

わざわざサブドメインを取得するメリットはなにがあるのでしょうか?

  • お金をかけずに複数のサイトを作ることができる

多分、これが一番のメリットだと思います。
ドメインの取得は1000円くらい必要ですので、ドメインを何個も取得しようと思えば、結構な額になります。

サブドメインは、ドメインがあれば無料で複数個作れるので、コストの面では非常に優れています。

サブドメインのデメリット

  • SEO的には問題があるかもしれない

サブドメインのデメリットとして、SEOの問題があります。
普通はないことでしょうが、何らかのブラックな手法を用いてサイトのアクセスアップをして、グーグルにペナルティを食らった場合、ドメインごとペナルティを受ける可能性があります。
そうなると、サブドメインもすべてペナルティを受けることになります。

  • サブドメインはサーバーの移動ができない

独自ドメインはレンタルサーバーを移行することができますが、サブドメインは移行できません。もし、レンタルサーバーが潰れるようなことがあれば、独自ドメインは移動できますが、サブドメインは移動できないので、全て消えてしまいます。

安全性を考えると、「1サイト=1ドメイン」なのでしょう。

ヤフーのサブドメインを参考にしてみる

とは言っても、サブドメインを取得する意味もあると思います。

大手検索エンジンのヤフーはサブドメインを有効に活用しています。

ヤフーのサブドメインを参考

  • http://news.yahoo.co.jp
  • http://shopping.yahoo.co.jp
  • http://auctions.yahoo.co.jp

ヤフーはこんな感じに、サブドメインを使っています。
ヤフーのサイトの中に全て詰め込むよりは、サブドメインを使った方が利用者としても分かりやすいです。管理者側としても管理がしやすくなるメリットがあるのでしょう。

大規模なサイト運営を目指すのであれば、サブドメインを使うのもいいでしょうね。

エックスサーバーでのサブドメインの取得方法

まずはザーバーパネルに移動してください。

エックスサーバーでのサブドメインの取得方法

「サブドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバーでのサブドメインの取得方法

サブドメインを作りたいドメインを決めて「選択する」をクリックします。エックスサーバーでのサブドメインの取得方法

「サブドメインの追加設定」を選択し、任意のサブドメイン名の文字を入力し終えたら、「サブドメインの追加(確認)」をクリックします。

これでサブドメインの追加は完了です。サーバーに反映されるまで数時間〜最大で2日間かかるようなので気長に待ちましょう。

サブドメインにワードプレスをインストール

さて、追加したサブドメインにワードプレスをインストールしましょう。

サブドメインにワードプレスをインストール

サーバーパネルを開いて「自動インストール」を選択します。そのあとサブドメインを追加した元のドメインを選択し、ワードプレスのインストールを選びます。

サブドメインにワードプレスをインストール

インストールURLをサブドメインに設定します。

これでインストールしちゃえば完了です!
これは余談ですが、エックスサーバーにワードプレスのインストールできる上限があるって知ってました?ドメインは無限に取得できるのですが、ワードプレスのインストールには限界があります。

エックスサーバーの一番安いプランだと、上限が30個までになるのでお気をつけください(`・ω・´)”

コメント