2020年にオススメの会計ソフトはどれだ?【税理士から動画で学ぶ】

2020年にオススメの会計ソフトはどれだ?【税理士から動画で学ぶ】個人事業主関連

確定申告の時期がやってまいりました。めんどくさいですよね。

 

で、「この動画が数年前にあれば・・・」と思えるような素晴らしい動画がYouTubeにアップされておりましたので、転載します↓

確定申告におすすめの会計ソフト3選を税理士が解説!【2020年版】

初めて確定申告をする方で、「どの会計ソフトがいいんだろう?」とお悩みの方はぜひご覧になってください。(個人事業主向けの動画となっております)

 

で、結論から言うと、

  • やよい会計
  • マネーフォワード
  • freee

の順にオススメされておりました。よく聞くやつでして、多くの人が悩むやつですね笑

1 パソコンにインストールするなら『やよい会計』

税理士の大河内さんがもっともオススメするのが『やよい会計』です。

個人事業主の方はこちら↓

 

法人で中規模以上の会社を経営されている方はこちらがオススメ↓(個人事業主でも使えますが、値段が高いです)

1.1 やよい会計はインストール型なのでサクサク動く

やよい会計はインストール型です。ですから、後述するクラウドと違い「サクサク動く」という大きなメリットがあります。

1.2 やよい会計は買い切り型なので長期的に考えると安い

やよい会計は買い切り型なので、クラウドと違い毎月お金を払う必要がありません。消費税や所得税などの大改正がない限り、使い続けることができます。

1.3 やよい会計はMacで使えないという大きなデメリットがある

やよい会計の大きなデメリットは、Mac版がないことです。Macユーザーの方は、確定申告用にWindowsを購入するか、後述するクラウド型の会計ソフトを利用しましょう。

 

ちなみに、Macで使えるインストール型の会計ソフトはこの世にない、とのことです笑

1.4 やよい会計はクラウドもあるけれど使いづらい

やよい会計はインストール型だけでなく、クラウド型もあります。しかし・・・大河内さん曰く「使いづらいからオススメできない」とのこと。

 

悲しいことに私はやよい会計のクラウドを利用しております・・・。というのも、最初は白色申告から始めたからです。やよい会計のクラウドは『白色申告なら無料』だったのですよ。その甘い香りに誘われて、やよい会計のクラウドを使うようになりました。

>弥生クラウドの公式サイトはこちら

2 マネーフォワードクラウド会計

大河内さんが次にオススメするのが、クラウド型のマネーフォワードクラウド会計です。大河内さんの著書でも紹介されていた会計ソフトですね。

>マネーフォワードの公式サイトはこちら

「税金についてなにから勉強していいか分からない」という方には、オススメの一冊です。

2.1 マネーフォワードには『補助科目』がある

マニアックな話なのですが、税理士からするとすごく気になるポイントがありまして、それが『補助科目』です。マネーフォワードには『補助科目』がありますが、freeeにはありません

 

ここが大きな違いでして、それが理由で大河内さんはマネーフォワードをクラウド型の会計ソフトの中で一番オススメしております。

2.2 インストール型ではないのでサクサクは動かない

マネーフォワード、というよりはクラウド型の会計ソフトに共通するデメリットなのですが、『ブラウザで動くから動作が鈍い』というデメリットがあります。

2.3 月額課金なのでずっとお金がかかる

こちらもクラウド型の会計ソフトに共通するデメリットですが、利用する限りずっとお金がかかります。そう考えると、買い切り型の『やよい会計』が気持ち的にいいですね。

3 freee

クラウド型の会計ソフトで次に紹介するのが『freee』です。

>freeeの公式サイトはこちら

3.1 freeeが月々プランはもっとも安い、けれど

マネーフォワードと比べると、一番下のプランはfreeeの方が安いです。

 

しかし、安くfreeeを使える人と、使えない人に別れます。その違いは、『年間1000万円以上の売り上げがあり、消費税の申告が必要な人』です。

 

消費税の申告が必要な方は一番下の安いプランが使えなくなるため、結果としてマネーフォワードの方がお得になります。ということで、将来年間1000万円以上を売り上げるかどうかが、マネーフォワードとfreeeのどちらを使うのかの決め手になるかと思います。

3.2 freeeはスマホのみで確定申告ができる

freeeは、スマホで確定申告ができる機能がついております。パソコンを持っていない若い人からしたら、freee一択になりそうですね。

3.3 freeeのデメリット

freeeのデメリットは、マネーフォワードと同様、

  • クラウド型なので動作が重い
  • 利用する限り、ずっとお金を支払う必要がある

ところです。

おわりに

2020年にオススメの会計ソフトはどれだ?【税理士から動画で学ぶ】

数年前にこの動画を見ていて、なおかつ今の税金に対する知識があるのであれば、私はマネーフォワードを選ぶと思います。大きな理由は2つ。

  • Macユーザーだから
  • スマホで確定申告するのがだるい

だからです。

>マネーフォワードの公式サイトはこちら

 

「スマホで確定申告できるぜ!!!!」と言われたとしても、帳簿をつけるような細かな作業はパソコンの方が圧倒的に優れていると思います。なによりスマホの画面は小さいですし😅

 

まぁ好みの問題ですね。スマホしか使ったことのない世代としては、freeeは救世主のようなサービスでしょう。(といっても、やよいとマネーフォワードも追随してスマホ向けのサービスをリリースすると思いますが)

 

ということで、めちゃめちゃわかりやすい動画ですので、ぜひともご覧になってください。こんな動画を作成してくださった大河内さんには感謝しかないです。それでは!

コメント