アフィリエイトで成功する人の3つの条件

アフィリエイトで成功する人の3つの条件 マインド的なもの

アフィリエイトで成功する人の条件ってなんだと思います?

少なからず条件ってあると思うんですよね。
アフィリエイトでそこまで成功してない私が、自分にはないものと照らし合わせて、『アフィリエイトで成功する人の3つの条件』を書いていきたいと思います。

アフィリエイトでの成功の定義

『アフィリエイトの成功』という意味を定義させて頂きます。
ここで使う成功とは、短期的な意味での成果ではなく、長く成果を残し続けていけることを「成功」とします。

アフィリエイトで月にいくらか稼ぐことは誰だって可能なんですね。
ただ、それを長期的に続けることは結構難しのです

よく見かける「月収100万円稼ぎました!」なんて言葉は、実際はその月だけ稼いでいて『年収100万円』かもしれません。
こんなことは言葉の使い方次第ですからね、アフィリエイト初心者の方は騙されないように気をつけましょう。

「月収100万円だから、年収に換算すると・・・1200万円じゃん!!」なんて考えないように。
さて、本題に入ります。

アフィリエイトで成功するための条件1

アフィリエイトで成功する人の条件としてまず一つ目ですが、それはずばり『根気』です。
またまたありきたりな・・・なんて思わないでください(=゚ω゚)ノ

実際に成功している人ほどこれには深く同意してもらえると思います。
アフィリエイトをやる人で、作業を続けることができない人がたくさんいます。

なぜだと思いますか?

その理由は『リスクが無いから』です。
アフィリエイトにはほとんど初期投資としてのお金がかかりません。
だから失敗してもいいやって思いがちなんです。

学生時代、テスト前にしか勉強できなかった人は短期的な成果をあげることができるかもしれませんが、長期的には無理でしょう。
それと同じで、アフィリエイトでもそうなんです。

「アフィリエイトは誰でも簡単にお金を稼ぐことができる」と言う言葉は半分正解で、半分嘘です。『誰でも』までは確かに正しいでしょう。インターネット環境さえあればアフィリエイトはできますからね。

しかし、『簡単に』は今となっては嘘です。
まだアフィリエイトの存在が世の中に広まってないころは『誰でも』稼げた時代がありましたが、もう遅くて、多くの人がアフィリエイトをやっているのでライバルだらけなのです。

でも、一日に数時間作業できさえすれば、必ず成果を出すことができます。
難しいかもしれませんが一日数時間作業しましょう。

ここで必要なことは「習慣化」です。
ランニングとかを日頃行っている人はいませんか?ランニングも最初は続けることが難しいですが、一旦続けてしまうと、この習慣をやめることが難しくなります。

人間って不思議なものです。いざ、ランニングをやめたとすると、その時間の使い方が分からなくなるし、体のリズムも狂ってしまうので、結局ランニングを続けたがります。
アフィリエイトもそんな感じで、一度習慣化するとなにか記事にしたくなりますし、それに成果も出てきたら一層やる気も出てきます。(ランニングも体が引き締まってきたら嬉しいので続けるはずです)

では、『習慣化』するための方法を教えます。
『21日間(3週間)は必ず作業をするということです
心理学的に体に習慣化を植え付けるためには21日必要になります。

正直21日間は長いですが、ここで成功するかどうかが決まってくるので、自分に鞭を打って21日間、決まった時間に作業を行いましょう。

アフィリエイトで成功するための条件2

ビジネスにおいて何事にも通じることなんですが、『差別化』をしないとアフィリエイトで成功するのは難しいです。
差別化をする必要性ですが、ネットの世界では「コピーアンドペースト」が乱立してるんですね。だから誰でも同じ情報を共有することができるんです。

これって便利だけど、全然おもしろくないですよね。
例えばの話ですが、あなたがスーパーにアイス買いに行ったとして、アイスのコーナーが全部『ガリガリ君』だったら嫌じゃないですか?「おぃおぃ、たまにはスーパーカップ食べたいぜ」ってなるわけです。

簡単に言うと、これが差別化です。
食品業界にしたって、同じ商品ばかり作り続けて売る方が、生産コストも安くできていいはずなのです。しかし、毎月新しい製品がスーパーなどの店頭に並びますよね。

これが示唆していることは、『人間は欲深い生き物』ってことです。
より美味しいもの、より美しいもの、より安いもの・・・etc、を人間は求めてしまうのです。
これをアフィリエイトの世界に適用したら、より正確な情報、より分かりやすい情報、より稼げそうな情報が人々に求められているのです。

だからってわけではないんですが、「初心者でも一ヶ月で月収100万円稼げる方法」なんて欲深いフレーズで初心者はだまされてしまうのです。人間って欲深いですね・・・。

現実を見てください。簡単に100万円は稼げませんよ。
稼げるとしたら人を騙すしかないでしょうね・・・。(DeNAのキュレーションサイトが適当なこと書いて、適当に人を騙して稼いでいましたね。)

さて、どうやって差別化をしていくか?の話にしていきます。
差別化をするための方法は2パターンあります。

差別化の1パターン

お客様に合わせるパターンです。
多くの会社でやられていることですね。時代に合わせて消費者のニーズを考え、その考えに基づいて自社の技術で商品を開発し、提供していくということです。

でもこっちはおすすめしません。
なぜなら、もしあなたがマーケティングの専門家なら、消費者の動向を推測できるかもしれません。しかし、一般人はできませんよね?
多くのアフィリエイターはこれをやろうとしていますが、市場の動向も読めない素人ばかりなので無理です。

差別化の2パターン

自分の考えにお客様を合わせるパターンです。
すなわち『ファン』を作るということです。

これから長期的な戦略で生き抜いて行く為にはファンを作るしかありません。
芸能界だってそうですよね。一発屋と呼ばれない為にはファンを定着させる必要が有ります。

この人がテレビにでてたら観ちゃうみたいな、この人のCDは買っちゃうみたいな、こういう状況を作るということが最終目標になります。

会社で考えたらやはりアップル(ipodやiphoneでおなじみの)がファンを作るのがうまいですね。アップル信者という言葉を作ってしまうくらいですから。
アップル製品は人々をワクワクさせるのがとってもうまいんです。

私ら一般人にファンを付けることが可能なのか?ですが、
結論からいうとできます。何万人ってなると難しいですが、1000人なら可能です。ファンを10人、100人と徐々に目指して行きましょう。

ではでは、どうやってファンをつくるのか?ですね。
それは自分の強み(得意なこと)を用いて、それを言葉にして情報発信をしていくしかありません。

言葉にしてと書いたのは、インターネットで発信するという前提で表記させてもらいました。
要は人を集めればいいのです。
例として、小・中学校時代の休み時間のことを考えてみましょう。

子どもたちはどういった所に集まっていましたか?

休み時間となれば『おもしろい人を中心に』、運動会のときは『運動ができる人を中心に』、テスト前となれば『勉強を教える人がうまい人を中心に』と、それぞれの得意分野を活かしたところに人は集まるのです。

ですから、私らアフィリエイターがやることは「自分の強み×インターネット」を組み合わせることなんです。

最初に、コピペがあふれていると言いましたが、コピペをそのままするのではなく、自分の強み(視点)を活かして言葉にして発信していくのです。
自分の強みを使うことで、他の誰とも違ったメッセージを伝えることが可能となります。

そのメッセージに共感してくれる人がいたら、その人はファンになってくれるはずです。
よくアーティストの世界であることなんですが、映画だったらリメイク、音楽だったらカヴァー、違う人がやることで新しい味が出るのて、アフィリエイトでもコピペではなくて、リメイクの感じでやりましょう。

だから、自分の強みを発見することがとても大切な作業になります。
多くの就職活動生が面接に向けてやっているように笑。
就職活動生だったら「自分の強み×会社の持ち味」をアピールすべきですよね。
私らアフィリエイターは「自分の強み×商品×インターネット」です。

アフィリエイトで成功するための条件3

今までを簡単に振り返ると、その1が「根気」、その2が「差別化」でしたね。
さて、3つ目の条件は何だと思います?
根気があって、差別化もできていて、あとはなんでしょう。
何があったら成功に繋がるでしょう?

3つ目の条件は「表現力」です。

表現力ってすっごい抽象的な言葉で説明しづらいのですが、例としてフィギュアスケートをみていきます。
フィギュアスケートを観て、表現力のすごさって感じますか?
これを直感的に分かってもらえればいいんですが・・・。

まぁフィギュアスケートでなくても、ダンスやシンクロナイズドスイミングとか、自分で分かりやすいものを頭の中でイメージしてください。

こういう競技って難易度が高い技ほど高得点ですよね?
だから難易度が高い技を組み合わせて、点数を競っていきます。
すなわち『差別化』を行っているんですね。

さらに、この差別化を行う為に何度も技の練習を行う『根気』があります。
そして最後に技をより美しく魅せるために、指先一本にいたるまで集中し、芸術性を表現していきます。
これを観た観客は、その細部に至るまでの素晴らしさに感動するわけです。

どうです?
『表現力』が分かってきましたか?

競技者は試合中に自分がどれだけ練習を行ってきたか、勝つ為にどんな技を選択してきたか、そんなことは口にしません。
口で伝えるのではなく、体で表現して人に伝えるのです。だからこそ人は感動するわけです。

つまり、アフィリエイターはこれをネット上で行えば良いのです。
自分のウェブサイトを見てくれる人に、どう伝えれば心に響くだろうか、どうすればより分かりやすくなるだろうか・・・などなど。
そのためにアフィリエイターは『伝え方(表現力)』を学ぶ必要があります。
この伝える技のことをコピーライティングといいます。

自分の表現力で相手に関心を持たせることが、アフィリエイターとしての第一歩目ですよね。
表現力を駆使し、口に出すことなく今までの『根気×差別化』を相手に伝えることで、「あ、この人はすごく努力をしてきた人なんだな。だから信用してもよさそうだな。」と感じてもらうことが大切なんです。

すぐ結果を求めるあまり小手先だけの人が、ネット界には数多くいます。
そんな人にはならないでほしいなぁと私は思います。(それでお金を稼いで嬉しいですか?といってもDeNAのような大手企業でもそんなことするのだから、嘘をついてでもお金を稼ぎたい人って多いんだろうなぁ・・・)
素晴らしい情報を、ネットという媒体を通して多くの人に伝えることがアフィリエイターとしての美しさだと私は思っています。

素晴らしい情報を伝える代わりに、お金を代価として頂くんですよね。
お金を稼ぎたいという意思を優先しすぎてはダメです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回の記事では『アフィリエイトで成功する人の3つの条件』について書いてきました。

では簡単に今回の記事をまとめます。

  • 毎日の作業を習慣化させるべき
  • 3週間続けることで、習慣化される
  • 差別化を意識する
  • 自分のサイトのファンを作る
  • 共感を生むようなサイト作成を意識する
  • 表現力を鍛える

本日も最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。

どれが欠けても「微妙っす」みたいなサイトになっちゃうので、3つをそれぞれ鍛えましょうね。鍛え方の方法はまた後日に・・・記事かメルマガにしたいと思います。

コメント