Youtubeの広告収益に規制が!登録チャンネル数と総視聴時間が少ない弱小ユーチューバーはもらえなくなるってさ

弱小ユーチューバーは 0円でコツコツ戦わなければならない時代が!

「Youtubeでチャンネル登録数が1000以下、総視聴時間が年間4000時間以下のチャンネルはYoutubeの広告収益が貰えなくなる」とのことです。

ようやくYouTubeに規制が入りました。
これで著作権やらの動画問題が一定数は減ることになります。

でも、これって新しいクリエーターの目を潰すことになりますよね(´・ω・)
インターネットが生んだものは、先行者利益と格差だったのか・・・。

今からYoutubeは始められないかも

これを知ったのは2チャンネルの創設者、西村博之さんのツイートを見てです。

この後、ひろゆきさんはこうもツイートしています。

ニコニコ動画的にはラッキーですよね笑

プラットフォームがでかくなり世界に対して影響力を持てば持つほど、企業はコンプライアンスを強く守らなくてはなりません。
つまり、ここに“ビジネスチャンス”が生まれてくるんですね。

Youtubeに強い規制がかかった今、どこが伸びてくるのやら。
ニコニコ動画が息を吹き返すのか、それとも変な動画のアップが減るYoutubeがトップを守り続けるのか、それとも全く別の動画プラットフォームが生まれるのか・・・

なかなか楽しみな展開ですね〜。

まぁ多分、Youtubeでチャンネル登録数が1000以上、総視聴時間が年間4000時間以上を満たす組織的な動画アップロードがはやるんでしょうけどね笑
やっぱり格差を生むんだろうなぁと・・・。

0円でも頑張れ!

でも、コツコツ頑張れる人にはいいのかもしれません。
参入障壁が高くなるので、動画をコツコツあげれない意志力の弱い人はYouTube市場からは撤退します。

「o円でもいい!ワイは世界に発信したいことがあるんや!」という方には、より良い環境になったかもしれませんね(`・ω・´)”

やはり、コツコツ地道が強い!!

コメント